• HOME
  • お知らせ
  • 中村 透【作曲】『〜箏、笛、胡弓のための〜「水の舞、やがて波紋となりて」』2月2日(土)初演

お知らせ

中村 透【作曲】『〜箏、笛、胡弓のための〜「水の舞、やがて波紋となりて」』2月2日(土)初演

2019/01/11掲載

2019,2,2 ryuukyukigakunokai.jpg

琉球器楽の会
桐と糸が奏でる柔らかい箏の音
弓と絃が織りなす切なくも愛らしい胡弓の音
竹から流れる澄んだ笛の音


古くから琉球では歌三線の伴奏楽器として欠かすことのできない 箏・胡弓・笛。


今回はこれらの三つの楽器を伴奏としてではなく"主"として楽器そのものの魅了を新たな広がりを追求する。
中村 透【作曲】『〜箏、笛、胡弓のための〜「水の舞、やがて波紋となりて」』が 初演されます。

[胡弓] 森田 夏子  [琉球横笛] 入嵩西 諭   [琉球箏] 池間 北斗

日時: 2019年2月2日(土)
開場: 16時半  開演:17時
会場: パレット市民劇場
料金:一般 ¥3,500 大学生以下 ¥2,500(当日¥500増)
(前売り券が完売の際は、当日券販売なし)

▼チラシ
琉球器楽の会 〜reverberation〜 (PDF:1,4MB)


▼お問合せ
TEL:090-8292-5291 (森田) / 090-7586-3763 (入嵩西) / 090-2710-0551 (池間)
Mail:kigakunokai@gmail.com

主催:「琉球器楽の会〜reverberation〜」
共催: パレット市民劇場
後援: 沖縄タイムス社・琉球新報社・沖縄伝統組踊「子の会」
    女性地謡の会しほら・沖芸大琉球芸能専攻OB会
    普久原恒勇音楽事務所・音楽工房凛